日本同盟基督教団 & 関東宣教区 過去の主要イベントは

2018年

7月16日(月)午前10時「関東宣教区 2018年『夏の集い』」

 主催:日本同盟基督教団 関東宣教区・壮年会

 会場:同教団 中野教会

 講師:井上 貴詞 氏 (東京基督教大学 国際キリスト教福祉学科 准教授)

 講演題:神の家族の新たな「かたち」を求めて

     ~超高齢社会をキリストのからだとして生きる~

 

2月11日(土)午前10時30分「2・11信教の自由セミナー

  主催:日本同盟基督教団 「教会と国家」委員会

 関東地区集会

  会場:同教団 中野教会(東京都中野区東中野2-21-7)

  講師:齋藤 篤 牧師(日本基督教団 深沢教会牧師)

  講演題:私たちはまだまだ忘れない~ドイツの教会から学べる事~

 関西地区

  会場:同教団 生駒めぐみ教会

  講師:相馬 伸郎 牧師(日本改革派キリスト教会 名古屋岩の上教会牧師)

  講演題:教会の政治的ディアコニアの課題

 

2017年

7月17日(月)午前10時「関東宣教区 2017年『夏の集い』」

 主催:日本同盟基督教団 関東宣教区・壮年会

 会場:同教団 中野教会

 講師:関根 一夫 牧師(1949年埼玉県生まれ、MACF牧師)

 講演題:「いてくれてありがとう」と言えますか?

 テーマ:「人格論という視点」と「人間への評価」 愛とは何か?隣人愛とは何か?

 アウトライン:聖書はなんと教えているのか?

    *存在そのものに対する「いとおしさ」を育むこと。

    創世記1章、2章

    ローマ人への手紙14章15節

    「キリストが死なれたほどの人」という視点を大切に。

 

2月11日(土)午前10時30分「2・11信教の自由セミナー

  主催:日本同盟基督教団 「教会と国家」委員会

  主題:改憲後の日本を見据えて

 関東地区集会

  会場:同教団 中野教会(東京都中野区東中野2-21-7)

  講師:安海 和宣 牧師(東京めぐみ教会牧師)

  講演題:平和をつくる者として~戦争被害者・加害者。ふたつの視点で今を見る~

 関西地区

  会場:神戸バイブル・ハウス(神戸市中央区磯上通4-1-12 TEL078-252-1966)

  講師:青木 有加 氏(弁護士)

  講演題:知って、祈って、集まって、信仰と憲法

 

2016年

8月13日(土)午前10時半「8・15平和祈祷会」

 主催:日本同盟基督教団 「教会と国家」委員会

 会場:同教団 中野教会

 講師:星出 卓也 師

   1966年埼玉県生まれ

   2000年東京基督神学校卒

   2001年日本長老教会西武柳沢キリスト教会に赴任 現在に至る

    日本長老教会社会委員会委員長 日本福音同盟(JEA)社会委員会委員

    日本キリスト教協議会(NCC)靖国神社問題委員会委員 キリスト者学生会(KGK)理事長

 講演題:国のものか、キリストのものか

     ~戦争と社会儀礼・教会が克服すべき宿題~

 貴重な講演です。ご家族お友達、お誘い合わせの上是非お越し願います。  

 

7月18日(月)午前10時「関東宣教区 2016年『夏の集い』」

 主催:日本同盟基督教団 関東宣教区・壮年会

 会場:同教団 中野教会

 講師:廣瀬 薫 牧師 

   1956年7月生まれ

   日本同盟基督教団理事長、東京キリスト教学園理事長、他

 講演題:神の国に生きる喜び・・・神の国のビジョン、パッション、ミッション

 アウトライン:信仰を持った後の生涯を生き生きと生き抜くカギは何でしょうか。信徒も

 牧師も、青少年も社会人も、女性も男性も、信仰の初心者もベテランも、祝福に溢れた信仰

 生活の基本を再確認しましょう。

 

6月18日(土)関東宣教区青年部主催「富弘美術館バスツアー

 

2月11日(木)午前10時30分「2・11信教の自由セミナー

  主催:日本同盟基督教団 「教会と国家」委員会

 関東地区集会

  会場:同教団 中野教会(東京都中野区東中野2-21-7)

  講師:稲 正樹氏(国際基督教大学 客員教授 憲法学)

  講演題:安保法成立以後のキリスト者の課題~平和主義を守り広めるために

 関西地区

  会場:同教団 蛍池聖書教会(大阪府豊中市蛍池東町3-5-16)

  講師:瀧浦 滋師(日本キリスト改革長老教会 岡本契約教会 牧師)

  講演題:聖書のキリスト王権の教えと日本の天皇制

      ~メサイア ザ プリンス(ウィリアム サイミントン)に学ぶ

 

1月30日(土)午前10時30分から午後2時

  主催:日本同盟基督教団 関東宣教区・青年部新年青年の集い

  会場:同教団 中野教会(東京都中野区東中野2-21-7)

  講師:スズキ千恵子師(hi-b.aスタッフ)

  コメント:弁当持参

 

2015年

8月15日(土)午前10時半「8・15平和祈祷会」

 主催:日本同盟基督教団 「教会と国家」委員会

 会場:同教団 中野教会

 講師:石浜 みかる氏

   1941年 神戸市生まれ

   戦時中、クリスチャンであった父親が治安維持法違反で投獄

   神戸女学院大学卒業後に英語教師、専門学校教師の傍ら著作活動をして現在に至る。

 講演題:逆コースの先に見えるもの

     ーー戦争期と敗戦直後に生きたキリスト者たちから学ぶーー

 貴重な講演です。ご家族お友達、お誘い合わせの上是非お越し願います。 

 

7月20日(月)午前10時「関東宣教区 2015年『夏の集い』」

 会場:日本同盟基督教団 霞ヶ関キリスト教会

 講師:根田祥一氏

   1955年5月 東京生まれ

   いのちのことば社参与 出版部編集長

   クリスチャン新聞社編集顧問

 講演題:福音派世界を動かす・・・個人の敬虔と社会の和解

 アウトライン:キリストの福音を信じることが、個人の罪の赦しや救いで自己満足するこ

 とに留まっていないでしょうか。しかし、神が造られたこの世界には憎しみや争い、対立、

 抑圧、戦乱、殺戮など神の愛を必要とする問題が満ちています。クリスチャンジャーナリス

 トとして世界14カ国での取材経験を基に、真に福音に生きることが現実の世界をどのよ

 うに変革するのかを報告し、そこから日本宣教の突破口を探ります。

 

3月8日(日)午後6時から8時「東日本大震災から4年を迎えての祈りの集い

 主催:日本同盟基督教団 震災復興支援本部

 場所:同教団 世田谷中央教会

 説教:木田 惠嗣 (郡山キリスト福音教会牧師、ふくしまHOPEプロジェクト代表)

 報告/アピール:大塚 史明 (盛岡みなみ教会牧師)

 HP:http://domei311.com

 

2月11日(水)午前10時30分「2・11信教の自由セミナー

  主催:日本同盟基督教団 「教会と国家」委員会

 関東地区集会

  会場:同教団 椎名町教会

  講師:崔 善愛(チェ・ソンエ)氏(在日3世ピアニストとして世界中で演奏活動を行い称

     賛を浴びている)

  講演題:私たちの問題意識のルーツを問う

  講師からの一言:戦後70年の間、見たくない歴史を消し去ろうとする勢力はますます

  大きくなり、物事の「ルーツ」が見えなくなっています。君が代問題、靖国神社参拝、集団

  的自衛権の行使と戦争の足音が聴こえる今、戦争が始まるのをじっと待っているわけに

  はいきません。平和のために、さらに声を響かせましょう。


2014年 

12月11日(木)18:30~20:30「平和祈緊急祷会
 場所:お茶の水クリスチャンセンター416号室

 主催:日本福音同盟(JEA)社会委員会

 協賛:キリスト者学生会(KGK)

    日本長老教会 社会委員会

    日本同盟基督教団「教会と国家」委員会

    日本福音キリスト教会連合 社会委員会

    日本ホーリネス教団 福音による和解委員会

    JEA女性委員会

 内容:説教:須田 毅 師(JEA社会委員会委員)

    発題:「今、問われていること」星出 卓也師(JEA社会委員会委員)

    祈りの時

 

8月14日(木)から16日(土):教団主催 2014世界宣教大会

 神奈川県川崎市教育文化会館にて、1138名の参加者と共に、2泊3日の日程を共有しまし

 た。4回のセッションと2回のバイブルリーディングでは深く教えられ、それぞれに決心

 や新たな思いを与えられる貴重な時となりました。招きに応答した直接献身者(牧師、伝道

 師、宣教師、信徒伝道師)、宣教協力者(祈りの支援、経済的支援)は凡そ50名(重複)であり、

 世界宣教への志を与えられた、大会の成功を裏付ける人数となりました。賛美を献げ、祈り

 を献げ、分科会も盛り上がり、予定していたプログラムは総て盛況のうちに無事、終了しま

 した。

 詳細は日本同盟基督教団ホームページをご覧ください。


7月21日(日)午前10時半 関東宣教区 壮年会主催 2014年「夏の集い」
 会場:日本同盟基督教団 霞ヶ関キリスト教会

 講師:牧野 直之 先生(ぶどうの樹キリスト教会顧問)

 演題:「霊に燃え、生き生きとした教会」

 夏休みの初日、3連休の最終日でありましたが、多数の参加者と、祝福された、有意義なひと

 時を共有したことでした。

 教会が聖霊によって燃やされ生き生きとしている事が大切であり、人数の多さや人の熱心

 さではなく、イベントの多さや敷居を低くする工夫でもなく、一人一人が聖霊に満たされ、

 聖霊に押し出されて、聖霊の導きに従う時、魅力ある教会が形成され、そこには自然に求道

 者が集まるのです。